一般的な商売のイメージは、安く買って高く売ることで利益を得るものですが、FXでの取引はそれに限りません。もちろん、わかりやすいのは「日本円で外貨を買って、円安のときに売る」というスタイルですが、「売り」から入っていくやり方もあるということを知っておくと、取引の幅も広がります。

1.「空売り」の仕組みついて

現物取引においては、買った物に利益を見込んだ価格設定をして売る、というのが流れです。しかし、FXのような取引においては、先に売ってあとから買い戻すという流れが可能なのですが、その仕組みについて触れていきます。

・「空売り」という用語について

FXは外貨をトレードすることで利益を得る取引です。交換する外貨は日本円に限らず、また必ずしも「買い」から始める必要もありません。つまり、「売り」から始めることもできるのです。このことを「売りから入る」、「ショートポジション」、「空売り」などと呼びます。

・「売りから入る」とは?

文字通り「売り」行為から始まる取引です。具体的には、持っていない通貨を売るので、FX会社から通貨を借りるところがスタートとなります。

・「空売り」の利益の仕組み

手元にない通貨を売る、というのはイメージしづらいかと思いますが手法は簡単です。FX会社が保有している対象通貨を借り、のちに買い戻すことで返還することを契約する、という風に理解するとわかりやすいかと思います。

空売りでの利益の仕組みは、対象通貨の価値の高いタイミングで売り、のちに安くなったとき買い戻すことで生じる差額にあります。つまり前提として「相場が下降しているとき」が取引のタイミングです。

2.空売りの注意点

価値が上昇していくことのみを見込んで行う現物取引とは違って、下降トレンドからも利益が見込める空売りのメリットは紹介しました。ですが、当然デメリットもあるので、そちらを解説します。

・スワップポイント

空売りをする際に気をつけたいのがスワップポイントですが、まずはこの用語について押さえておきましょう。スワップポイントとは、通貨ペアの金利差で生じる利益または損失のことをさします。国ごとに設定されているので、金利の高低は様々です。

・マイナススワップ

実はショートポジションの取引スタイルは、日本では苦手分野だといえます。その理由が金利です。日本は世界でも上位クラスの低金利国なのです。逆に高金利通貨にはトルコリラ(24.0%)がありますが、例えばこれを空売りして、日本円(0.1%)を買うということにすると、金利の差が大きくマイナスになります。これがマイナススワップで、利益を得るどころか、スワップポイントを支払わなければならなくなるのです。

3.まとめ

空売りは相場が下がっている状況からでも利益を狙えるのが大きなメリットです。無論デメリットはありますが、取引において損失の考慮は不可欠なので、うまく流れをつかむことができれば初心者にも運用は十分可能な取引になります。