FXはじめ投資するためには、資金が必要です。ところでこの資金、どこから捻出するかは重要なポイントです。FXに出資するための資金の作り方について、以下で詳しく見ていきます。

1.FXを始めるにあたってどのくらいの資金が必要か?

これからFXで資産運用しようと思っている人にとって関心事が、いくらから始められるかではありませんか?これはどの業者に口座開設するかによって変わります。各FX業者で最低取引通貨単位を設定しています。少なくてもこれだけの通貨単位で売買しなければならないという意味です。数千円や数万円といったところもあれば、数百円といった手軽に始められる業者もあります。国内のFX業者で比較すると、4円から取引可能なところもあります。

・ある程度の資金があったほうがいい

4円からFXトレードに参加できるといわれるとハードルが低いと感じるでしょう。しかし資金が少ないとたとえ利益が発生しても、その儲けはどうしても少なくなります。FXでしっかり儲けを出したいと思っているのなら、できれば10万円程度の資金を準備したほうがいいです。

2.余剰資金で投資すること

FXのための資金をねん出するための鉄則として、余剰資金を使用することが挙げられます。人間生活していると、どうしても必要なお金が発生します。食費や家賃、家のローン、光熱費などです。このような月々どうしても発生する生活費を自分の給料から差し引いたお金を余剰資金といいます。たとえトレードに失敗して損失を計上しても、余剰資金であれば、生活にダイレクトに影響を及ぼしません。これがもし生活資金まで手を出してしまうと、途端に暮らしが立ち行かなくなります。絶対に生活資金には手を出すべきではないです。

・絶対に儲かる方法はない

FX、というよりも投資全般に言えることですがこの世界、絶対はないです。FXにはいろいろな運用手法がありますが、どれも100%儲かるものはないです。資産運用には損失はつきものだと思ってください。そう考えると生活上必要な資金は絶対に投入すべきではないです。

3.まとめ

どの業者で取引するかにもよりますが、数百円や数千円といったお小遣い感覚で気軽に参加できるのがFXの強みです。ただしFXで絶対に儲かる方法などありません。損失を被る可能性も大いにあるので、もし口座に入れたお金が無くなっても生活に支障のないように資産管理をしっかり行うことです。生活費には絶対に手を付けないでください。